Average Joe

アルメリック Average Joe

Average Joe(アベレージジョー)のコンセプト

Average Joe(アベレージジョー)の特徴



アルメリック Average Joe(アベレージジョー)は、今までになかったコンセプトを持つ<新しいタイプのファンボードです。



Average Joeはスラングで”普通の人”を意味します。モデル名が”普通の人”ってふざけてますよね。でも、このネーミングにはボードコンセプトがしっかりと込められているんです!!アルメリック Average Joe(アベレージジョー)のボードコンセプトは、simple(シンプル)、fun(楽しく)、easy(簡単) この3つをコンセプトとしています。



”プロではない普通の人でも簡単に楽しく遊べるボード”このコンセプトがモデル名の由来となっています。アルメリック Average Joe(アベレージジョー)は乗り手のレベルは問わず誰でもサーフィンの魅力を簡単に感じることが出来るスーパーファンボードとなります。



Average Joe(アベレージジョー)の動画をチェック!!乗っているアベレージジョーのサイズは、5'1×20 3/8×2 1/4です。





アベレージジョーのインプレ(英語ですがライディング映像もあります)↓↓↓





アルメリック Average Joe(アベレージジョー)の特徴

Average Joe(アベレージジョー)の特徴



全体的にしっかりとボリュームのあるボテッとしたアウトラインとなっています。普通ファンボードと言うと、ロングとショートの中間くらいの長さが一般的です。ロングだと取り回しが大変だしショートだと立てない。それなら、その中間サイズであれば取り回しも楽になるし立ちやすくなる。そういった理由から中途半端な長さのファンボードが現在でも主流です。



しかし、中途半端な長さとボリュームなので、サイズが上がるとドルフィンでボードを沈めるのが辛くなったり、沖に出れなかったりというデメリットもありました。このAverage Joe(アベレージジョー)はこういった従来のファンボードの枠にははまりません。驚くことに、このAverage Joe(アベレージジョー)はショートと同じくらいの長さで遊ぶセッティングになっています。



Average Joe(アベレージジョー)の公式サイズ表

Average Joe(アベレージジョー)の公式サイズ表



5’1〜6’1のサイズレンジです。長さ的には普通のショートですよね。でも、幅と厚みをよく見てください。なんだかスゴイことになっています。ボリューム値を見ると更にスゴイことになっています。6’1で47.5Lとか、これはモンスター級の超浮力です。



こんな超浮力ボードをドルフィンで沈められるのかどうか不安になりますが、日本人の平均体重を考えるとさすがに6’1をチョイスする人はいないでしょう。5’1〜5’9くらいであれば、長さも短いですし板も沈めやすくなります。



アルメリック Average Joe(アベレージジョー)のまとめ

Average Joe(アベレージジョー)は、初心者から上級者までレベルを問わずに楽しめます。初心者にとって”優しく簡単に乗れるということにフォーカスしたボード”は他にありません。ある意味、反則的なボードになります。



注目したいのが上級者でも楽しめるという点です。Average Joe(アベレージジョー)はその短さと浮力が武器です。上級者であればこの武器を存分に活かすことが出来ます。ボリューミーなレールの反発を使えばかなりスピードが出ますし、フィンセッティングをクアッド仕様にすれば小波で反則的な速さと動きになるのは間違いありません。



初心者にとっても上級者にとっても、Average Joe(アベレージジョー)はまさに反則ボードですね。反則ボード、お試しあれ!!

おすすめ順

  • « Prev
  • Next »

2商品中 1-2商品