アルメリック ネックベアード

アルメリックのネックベアードの紹介

反則系サーフボードとは?



反則系サーフボードとは文字とおりボード自体が反則なボードのことです。



反則サーフボードを海で目撃した人はこう言います。



「おいおい、それはさすがに反則だろ(笑)」とか、「あの板、なんかずるくね?」とか、「あの人、テイクオフすごく速いんですけど。。」とか。



反対に、反則サーフボードに乗っている人はこう言います。



「いや〜、今日もこの反則ボードのおかげでいっぱい波取れちゃった♪」とか、「マジ、この板は反則すぎ。だって実力以上に波に乗れるし(笑)」とか、「反則ボードのおかげで、こんなダメダメコンディションでも2時間も遊べた♪」とか。



反則ボードとは、乗っている人にも周りの人にも「これは反則でしょ!!」と認識されるサーフボードのことです。



今回紹介するボードは”キング オブ 反則系” アルメリックのネックベアード(NECK BEARD)です。



アルメリックのネックベアードの紹介

ネックベアード(NECK BEARD)とは、あごひげを意味します。そうです、あごひげです。この時点ですでに反則ですね(笑)



普通ボードのモデル名ってカッコイイやつとかクールなやつをつけるというのが定番。それなのにモデル名が”あごひげ”なんだから、それはもうファンキーです。



ファンキーなのはモデル名だけはありません。テールの形状、これがまたヤバイんです!!



初代NECK BEARDのテール形状をご覧あれ! ↓↓↓



初代NECK BEARDはチョップテールだった



ぶったぎりのチョップテールがヤバイでしょ。普通、テールデザインと言えばスカッシュやスワロー、ラウンド、ピンテールなどですよね。最近だと、ダイヤモンドテールとかクラウンテールとかも出てきています。



その中で発売されたネックベアードのぶったぎりチョップテールは業界内外でのインパクトがデカすぎました。このファンキーさが通なサーファーのアンテナにはビンビン引っかかった様で、日本からの問い合わせやオーダーが凄かったんですよね。



*現行モデルでは、初代を更に進化させた形状(少し丸みがかかっている)になっています。



ネックベアードの現行テール

テール以外にも、そのアウトラインがかなり個性的。短い、幅広、そして厚い。ローッカーはほぼフラット。ノーズにも厚みがあり、レールはボキシー。ボトムには浅めのシングルコンケーブとテール付近にVeeが入っています。



特筆すべきは、そのボリュームを隠そうとしていないこと。



「オレはボリュームありありだけど、なんか文句ある?」そんな声が板から聞こえてきそうなほど、独特のオーラを醸し出しています。



結構多いんですよね、実際はボリュームがあるのにそれを隠す仕様の板。まぁ、そのほうがスマートに見えるし、扱い易いのだと思います。でも、そんな板に乗っても面白くありません。ネックベアード(NECK BEARD)は、このボリュームだからこそ面白い乗り味を出してくれています。



ネックベアードに乗ってみた感想とインプレ



では、ネックベアードの乗り味について実際の感想をインプレしていきますね。



公式ページでは自分の身長より4〜6インチ短い長さをチョイスしたほうが良いと書かれています。確かに中級レベル以上であれば短いサイズをチョイスしたほうがフィットします。



ですが、初級レベルやブランクからの復帰組、年配の方はあえて4〜6インチ短くする必要はありません。長さがあったほうがパドリング&テイクオフが更に速くなります。



毎週海に入れる環境でパドル力に全く問題がない場合はメーカ推奨のリッター値に近いサイズを、パドルを補助させるなら1〜4サイズアップがオススメです。



ネックベアードのパドリング



ネックベアードのパドリングですがメチャクチャ楽です!!パドルアウトしてみると胸の下に十分なボリュームを感じ、なおかつ幅広なのでスイスイ進んでいきます。



パドル時に水をかく動力がルースせずにダイレクトに伝わる感じでグイグイ進みます。この時点ですでに反則な香りを感じていました。



ネックベアードのテイクオフ



これがまた速い(笑)うねりから波に乗れます。ポイントにたくさんのサーファーがいてもテイクオフでは取り負けとかありません。取り勝てます!!周りのサーファーからは、「あいつ、ショートなのに速いな。」って確実に思われます。



が、しかし、それはネックベアード(NECK BEARD)のおかげなんです。なんせ、キング オブ 反則ボードですからね。海の中で見るとただのショートボード。しかし、そのテイクオフ性能は長めのファンボードより速いし安定感があります。



さすがにロングボードには負けますが、一瞬「今日のオレなら、ロングにも勝てるんじゃないか?」とあり得ない錯覚を起こさせてしまうところがこの板の恐ろしいところです。



『おいおい、話しを盛り過ぎだろ!!』って声が聞こえてきそうなのでコチラの動画をご覧ください。↓↓↓



初心者上級レベルの女の子が、うねりからスイスイと乗っています。





テイクオフ後の感想



うねりから乗れる分、テイクオフ後に余裕が生まれます。波をじっくり観察出来ますしスピードも乗ってきます。



レールがボキシーなのでレールを入れたときの反発感を活かしたスピードの乗せ方が可能です。



ネックベアードのレールはボキシー

ボリュームがあるので浮力は感じますが、実際のボリュームほどは感じません。よくあるレトロ系フィッシュや超浮力系とは乗り味が違いますね。完璧にショートボードの乗り味です。



私はカットバック系が大好きなんですが、幅がワイドな分、カットバックがとてもやり易くなっています。とにかく安定感が抜群なんですよね。



スピードが出てガンガン走れちゃうので、行きすぎちゃってゴメンなさい的なラウンドハウスもネックベアードなら結構決まります。



縦へのアクション



これはわりと普通です。鈍重な感じもしませんがクイックな感じもしません。普段パキパキのパフォーマンスボードに乗っている人には鈍重に感じるかもしれませんが、通常のフリーサーフィンなら重いとは感じませんね。



特筆すべき点ですが、ネックベアードはアクション後の安定感が半端ないです!!



ここも反則ポイントなんですが、リップ、フローターなどの着地の安定感が抜群にアップします。そのワイドなボリュームでしっかりと受け止めてくれる感じです。今までメイク出来なかったであろうセクションでも成功率が上がるので乗っていて楽しくなります。



ネックベアードに乗るアルメリックのライダーDane Reynolds

実際にネックベアードでサーフィンしている動画がコレです。↓↓↓





どうですか?かなり楽しそうですよね!!実際、すごく楽しい板ですよ〜♪



日本のたるい波とかには、マストな1本だと思います。



波のサイズですが、膝、腰〜頭までいけます。さすがにホレホレの波ではロッカーがフラットな分苦戦すると思いますが、そういう波では違う板でサーフィンしたほうが楽しめます。



ネックベアードのフィンセッティング



私はトライフィンで乗っています。そのほうがこの板の持つ特性がより発揮されるからです。開発者のデーン本人もフリーサーフィンではトライフィンで乗っているようです。



もちろんクアッドでも遊べます。スピードと横へのアクションが1段アップされるのでグイグイ走ってからのスラッシュやラウンドハウスなどをより狙っていけます。2+1(ツインフィン+スタビライザー)で乗っても楽しいボードです。ルース具合がたまらないですよ!!



以上が、反則系サーフボード”アルメリックのネックベアード”の詳細です。ネックベアードはかなりヤバイ板なのにあまり情報がないんですよね。興味のある方はこの記事を参考にしてくださいね。



ネックベアードのアルメリック公式サイズ表



ネックベアードのアルメリック公式サイズ表




ネックベアードの適正体重を調べてみましょう♪ ↓↓↓ の画像をクリック!!

おすすめ順

  • « Prev
  • Next »

32商品中 1-32商品

カテゴリーから探す

特集記事も見てね♪

100%返品保証

コンテンツ

ショップについて

NO SURF NO LIFE

当店のサーフボードは全て正規品です。安心、信頼をモットーに高品質のサーフボードをお届けします。

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
は店休日となります。