SPINE-TEK

アルメリック スパインテック(SPINE-TEK)の解説

アルメリック スパインテック(SPINE-TEK)の解説ページです。スパインテック(SPINE-TEK)はアルメリックとShapers Australiaとのコラボレーションで生まれた新素材EPSボードになります。SPINE-TEKがどういったボードなのか、まずはアルメリックのシェイパーBritt Merrickよる解説動画をご覧ください。

アルメリック スパインテック(SPINE-TEK)の解説動画



アルメリック スパインテック(SPINE-TEK)の特徴



アルメリック スパインテック(SPINE-TEK)の特徴

■ ストリンガーの代わりに新素材のSPINE-TEKが施されている

■ フレックス性を極限まで追求

■ 従来のティンバーストリンガーより折れにくい

■ しっくり感がある軽さ

■ 生き生きとした反応の良さ



ストリンガーの代わりに新素材のSPINE-TEKが施されている

ストリンガーの代わりに新素材のSPINE-TEKが施されている

スパインテック(SPINE-TEK)には木材を使用したティンバーストリンガーは使われていません。その代りにEPSフォームに溝を掘り、そこに新素材であるSPINE-TEKを埋め込んでいます。この新素材のSPINE-TEKはカーボンではなく、ファイバーグラスとレジンを組み合わせて作られています。

フレックス性を極限まで追求

アルメリックがEPSボードにおいて追及しているのがボードのフレックス性能です。通常EPSボードはPUボードに比べフレックス性能が弱く固い乗り味になると言われています。今回、Shapers Australiaの持つテクノロジーを使用して極限までフレックス性能を追求することに成功しました。

ボトム面にはカーボンが施されています

デッキに入ってるスパインとのバランスを取る為に、ボトム面にはカーボンが施されています。センターフィンから開いているカーボンはテールエンドへの力を逃がして”しなり”と”ねじれ”を生み出します。

従来のティンバーストリンガーより折れにくい

フレックス性能を高めるとボードが折れてしまう可能性が高まりますが、SPINE-TEKは耐久性も備えています。従来のストリンガーより折れにくくなっています。

しっくり感がある軽さ

EPSボードは総じてPUボードより軽量になります。SPINE-TEKも軽い仕上がりになっていますが、昔のEPSのスカスカした軽さではなく中が詰まっている感じがします。脇に抱えた時に程よい軽さとしっくり感を感じます。

生き生きとした反応の良さ

SPINE-TEKが生み出すフレックスはダイレクトに乗り味を変えます。乗ってみるとSPINE-TEKの反応の良さに驚かされます。自分の意思のとおりに動いてくれるマジックボードになる可能性が高いかもしれません。



スパインテック(SPINE-TEK)はこんな人にオススメ!!

SPINE-TEKはこのようなサーファーにオススメしたいボードです。

■ EPSボードにフレックス性を求めている方

■ 軽いボードに乗りたい方

■ 数年単位で使用したい方

■ PUボードみたいに簡単に壊れるのは嫌な方

■ 反応の良いボードを求めている方

■ PUと変わらないフィーリングで乗りたい方



乗り味や固さが嫌で今までEPSを敬遠していた方もいると思います。実際に乗ってみた感じですが、PUと変わらないフィーリングで乗れました。今までEPSが苦手だった方にも是非乗って欲しいモデルですね。

以上がアルメリック スパインテック(SPINE-TEK)の解説になります。SPINE-TEKかなりオススメですよ!!



スパインテックの在庫をチェック!!

おすすめ順

  • « Prev
  • Next »

6商品中 1-6商品

カテゴリーから探す

特集記事も見てね♪

100%返品保証

コンテンツ

ショップについて

NO SURF NO LIFE

当店のサーフボードは全て正規品です。安心、信頼をモットーに高品質のサーフボードをお届けします。

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
は店休日となります。