FutureFlex / EPS(エポキシ)

アルメリック futureflex特集



未来系サーフボードって何??

それは、FutureFlexのサーフボードのことです。

FutureFlexは、優れた素材と技術が組み込まれた「最先端サーフボード」です。



futureflex製のサーフボード



FutureFlexのサーフボードは、通常のPUフォームを使っていません。

EPSフォームと呼ばれる高密度なフォームが使用されています。

このEPSフォームは、熱や変色に強いのが特徴です。

通常のPUフォームで作られたボードだと、黄ばみが出たり、色があせたりします。

FutureFlex製のボードは、EPSフォームをなので色あせが少ないというメリットがあります。



FutureFlex製のボードには、ストリンガーがありません。

カーボンフレームのパラボリックストリンガーを使用します。

レールをぐるっと覆う黒いカーボンベールが、パラボリックストリンガーです。



futureflexのパラボリックストリンガー

アルメリック ネックベアードのFutureFlex

FutureFlexの最先端技術はまだまだあります。

一般的に使用されているEクロスではなく、新開発のQUAD-AXIALクロスでラミネートしています。

このQUAD-AXIALクロスは、抜群のフレックス性能を持っていて、

乗り比べるとその違いをはっきりと体感できます。



更に、グラッシングの段階で耐久性に優れたエポキシ樹脂を使うことで全体的に軽く、強く、しなりがあるFutureFlex製のボードが完成します。

この”しなり”はFutureFlexの大きな特徴であり、経験のあるサーファーなら乗ってすぐにしなりを活かしたターンやアクションを体感していただけます。



どうですか? さすがは未来系を名乗るサーフボードですよね。

FutureFlexのサーフボードは、品質、性能、共に最高級のボードだと言っても過言ではありません。

ちなみに、EPSボードは、PUボードより若干浮力が出ます。

この浮力とフレックスさで、体力の衰えをカバーしてくれるので年配のサーファーにはかなりの人気があります。



ですが、いいことだらけではありません。

ネックは、その価格です。通常のボードより2万〜3万円程高くなります。

あと、FutureFlexは通常のPUボードに比べ製作に時間が掛かります。

ファクトリーによっては、下手をすると3か月以上もかかったりします。



以上のようなデメリットもありますが、純粋なサーフボードの性能としては、他を寄せ付けません。

ご購入者の評価や満足感もかなり高いボードなので、自信を持ってオススメいたします。

未来形サーフボード”FutureFlex”、ぜひお試しください!!

独自にオーダー注文したFutureFlexをストックボードとして販売

おすすめ順

  • « Prev
  • Next »

1商品中 1-1商品

カテゴリーから探す

特集記事も見てね♪

100%返品保証

コンテンツ

ショップについて

NO SURF NO LIFE

当店のサーフボードは全て正規品です。安心、信頼をモットーに高品質のサーフボードをお届けします。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
は店休日となります。

お客様の評価