カート
ユーザー
絞り込む
サーフボード
特集記事一覧
お役立ちコンテンツ

Fred Stubble

アルメリックのFred Stubble(フレッドスタブル)

アルメリック Fred Stubble(フレッドスタブル)のコンセプト



Fred Stubble(フレッドスタブル)は、アルメリックの大人気モデルFred Rubble(フレッドラブル)のコンセプトを引き継ぐ小波用ボードです。



トップ画を見ると分かりますがネーミングもほとんど同じです。だったら、Fred Rubble2とかNew Fred Rubbleとかにすれば分かりやすいと思うのですが、そこはアルメリックの遊び心なんでしょうね。



アルメリック Fred Stubble(フレッドスタブル)のボードコンセプトは、”Fred Rubbleの良いところを継承しつつ、もっと短く幅広くして、小波用のスペシャルボードに特化させること”  要は小波用に凝縮させたFred Rubbleってことになります。



Fred Rubble(フレッドラブル)に乗ったことがない方のために、まずはFred Rubble(フレッドラブル)について簡単に解説しますね。Fred Rubble(フレッドラブル)の動画をチェック!! ↓↓↓





動画を見るて分かるように、キビキビした動き、タイトなターン、バーティカルなリップアクション、回転性などがFred Rubbleの特徴です。



NewモデルのFred Stubble(フレッドスタブル)もこの特徴を引き継いでいます。このボードのストロングポイントは、その特徴を単に引き継ぐだけではなくポケットでのタイトなサーフィンを更に追求しているということです。



こちらがNewモデルのFred Stubble(フレッドスタブル)の動画です。↓↓↓





アルメリック Fred Stubble(フレッドスタブル)の特徴



アルメリックのFred Stubble(フレッドスタブル)の特徴

ノーズ幅、テール幅がワイドになったアウトラインです。フレッドラブルより小波に適したアウトラインに改良されているのが分かります。ノーズ、テール幅がワイドなのでしっかりとした安定感があります。パワーのないブレイクでも、スケートボードのようなサーフィンが出来ます。



ロッカーはエントリー、テールともにかなり押さえ気味になっています。フレッドラブルもローロッカーでしたがテールキックは強めだったのでそこは前モデルと違います。

コンケーブは、シングル〜深めのダブル〜強めのVeeというコンビネーションになっています。フレッドスタブルは、深めのダブル〜強めのVeeを施すことによってワイドになったテールでも思いのまま動かせることが出来ます。

Fred Stubble(フレッドスタブル)のサイズ表



Fred Stubble(フレッドスタブル)のサイズ表

ストックボードに適用されるスタンダードマイナスのサイズ表となります。通常のストックボードはこちらのサイズが適用されます。





アルメリックのフレッドスタブルのまとめ

アルメリックのNewモデル”Fred Stubble(フレッドスタブル)”は、小波でのタイトなサーフィン、クイックなターン、バーティカルなリップアクション、回転性を追及した小波専用サーフボードとなります。小波と言ってもヒザ〜肩まで使用出来ますので、日本の一般的なビーチブレイクであればオールラウンドに使用出来ます。



初級者上級〜エキスパートまで対応するボードなので、経験のあるサーファーには満足してもらえるクオリティーがこのボードにはあります。

3商品
ストック一覧